※リアルデントの運営ポリシーの根底にある、体験談として書きました。
ただし個人的なお話なので、読む必要はありません。

リアルデントを立ち上げてすぐの頃。
親知らずが猛烈に痛くなってしまい、近所の歯医者に行きました。

近所なのでいつも患者さんがたくさんいるのも知っておりましたし、某サイトで口コミをチェックしてから予約の電話を入れました。

そこからが悪夢の始まりだったわけですが・・・ここで一旦冷静になりますね。

この記事を書いている時点で、4年前の出来事です。


しかし、この歯医者のことを思い返すたびに、普段かなり温厚なワタクシでも腸が煮えくり返る思いがします。

そして現在でもその歯科医院に通った形跡がハッキリと私の前歯に残ってしまっており、鏡を見る度に悔しさが蘇るのです。

痛い歯を治療してくれない

すぐに予約がとれず、約1週間後に初診。
下顎の親知らずが痛くて痛くて、我慢できないほどだったのですが、レントゲンを取った後にその歯科医師が云った言葉は信じられないものでした。

親知らずには、異常ありません。

こんなに痛いのに、異常がないとはどういうことでしょうか?
僕は諦めきれず、よく見るように訴えました。

すると、更に信じられない言葉が・・・

痛いのは、上の歯ではないですか?

驚きました。
上の歯を金属で叩き、痛くないですか?

と聞くのです。しかし、叩かれて痛いのは、間違いなく下の奥歯、第三臼歯なのです。

嘘をついて、別の健康な歯を削られる


「おかしいなぁ。ではおそらく、噛み合わせた時に上の歯が下の歯に当たり、痛いのでしょう。上の歯を削ってみますね」

僕の許可をもらうまでもなく、いきなり、上の第二臼歯を削り始めた!
何の問題もない、健康な歯を。

後で書きますが、このとき、奥歯を削られてしまった弊害が後になって現れます。

健康な歯を削っては叩き、痛くないか聞く。
もちろん、痛いままです。何度も云うように、下の奥歯が。

僕は削られながら動揺して、冷静に考えられなかったのですが、
痛いのは噛み合わせた時だけじゃない、口を開けていても痛いのです。

つまり、上の健康な歯を削る理由はないのです。

結果、原因はわからず、その日は痛み止めをもらって帰ることになりました。

何度痛みを訴えても、別の初期虫歯の治療を続ける

痛み止めをもらって、なんとか我慢できるようになりましたが、僕がこの歯医者に通っている理由は、あくまで下顎の親知らずの治療のためです。

しかし、この歯科医師は、そんなことは忘れてしまったかのように、

「今日はこの歯を治療しましょう」

などと、しれっと云うのです。

結局、親知らずのことには触れずに、次回の予約を取らされます。

結果、この状態は2ヶ月続きました。

予約時間を守らず、治療時間が少ない

この歯医者は、いつも混んでいます。
団地が近くにあるため、主婦層・子供を中心に、待合室はいつも混みあっていました。

予約は15分きざみですので、予約時間の5分前に到着するようにしていましたが、結果的に15分待たされます。
つまり、予約時間の10分後に実際の治療が始まります。

そして、治療は5分で終了。

いつも遅れたことには悪びれもせず、横柄な態度で治療しています。

虫歯でないのに削られて、しかも壊れてしまった

こんな調子で、毎週毎週、小さな虫歯治療が続いていました。

ある日、前歯が黒くなっているね、すぐに直しちゃおう。

そう云われて、前歯を削られてしまいました。
上の門歯と門歯の間の部分です。

しかし・・・
実は削られた箇所は、すべて20年前に治療済みで、自分の歯ではないのです。

レジン(詰め物)を削られて、元のように埋められたのです。

削られているうちに、気づきましたが、そういうこともあるのかな?
と自分を納得させました。

というのも、この歯医者は、治療中にスタッフを怒鳴りつけるなど、キレやすいタイプで、奥歯の痛みを何度か訴えたときも顔を真っ赤にして怒りを露わにしていたので、言い出しにくかったのです。

削られてしまったものは、どうしようもないですし・・・。

詰め物と歯の間が黒ずんで、虫歯になるのはわかります。
ですが、レジンそのものが虫歯になることはあるのでしょうか?


しかし、結果的にきれいに治療がされれば(たとえ無駄な治療費だったとしても)、納得できたでしょう。

ところが、前歯を治療されてたったの2週間後・・・

新しく詰められたレジンが取れてしまったのです。
前歯にすっかり穴が開いている状態。鏡で見る自分のマヌケ面に、怒りを通り越して悲しくなりました。。。

なぜそんなことになったのか?
すぐに別の歯医者で治療してもらった時に、説明されてわかったのですが、つまり

奥歯が低くなっているために、前歯のかみ合わせに強い力がかかり、簡単に取れてしまう

のだそうです。

実際に、その歯医者さんに治療をやり直してもらった1週間後に、また取れてしまったのです。
(以後、前歯のレジンが取れてしまうのは「癖」になってしまいました。僕の怒りがわかりますか?)

なぜ、奥歯が低いのか?

例の歯医者に、意味もなく削られてしまったからです。

いえ、自分のプライドを守るためだけに、削られてしまったのです。

下顎の親知らずが治療されなかった真の理由

この歯医者に通うきっかけとなった、親知らずの虫歯。
「問題はありません」といわれ、全く治療してくれる気配がなかったのに、通い続けてしまった理由は2つあります。

ひとつは、受付の女性がよく出来た方で、毎回毎回、前回治療した歯の具合を聞いてくれたり、気持ちのよい挨拶をしてくれたこと。
次回の予約は、この受付の方が取るわけですので、どんなに治療で厭な思いをしても、

「次から来ません!」

とは申し訳なくて云えませんでした。

もうひとつ。

当時は、一度通いだしてしまった歯科医院を止めるのは、何となく勇気が要ったのです。
予約を断るのは、なんとなく気まずいし、断りもなく行かない、というのも気が引けます。

投稿される口コミを見ていると、何となく信用できないけれど、ズルズルと通っている方、多いようです。

はっきり云いますが、遠慮せず、次の歯科医院を探したほうが好いです。
治療途中であっても、次の歯医者さんに事情を説明すれば、厭な顔はされないと思います。


さて、うやむやにされたまま、鎮痛剤でごまかしてきた親知らずですが、2ヶ月も放ったらかしにされたばかりか、他の歯も悪くなりそうな気配でしたので、勇気を振り絞り、強い口調で言いました。

「ずっと、痛い痛いといい続けている親知らずですが、治療する気はないのですか!?」

するとレントゲンを出し、

「あ、よく見るとここが虫歯になってるね、よーく見ないとわからないけど・・・
じゃぁ、どうする?紹介状書こうか?」

「つまり、ここでは治療できないということなんですね!?(怒)」

「いや、治療したっていいけど、すぐ下に神経叢が通ってるでしょ?傷ついたり、血まみれになってもいいの?」

始終こんな調子です。あくまで「出来ない」と認めない。誠意のカケラもない。

要するに治療出来ないということを、言いたくなかったのでしょう。
紹介状を書いて、すぐに別の歯医者に患者を取られたくなかったのでしょう。

そのために、ウソをついたわけです。患者の痛みより、自分のプライドを優先したわけです。
あまりにひどいと思いませんか?

100歩譲って、「ウソをついたわけではない」としましょうか。

それでも、僕は初診の時に「よーく見て下さい」と頼んだのです。
痛かったので必死だったのです。

それでも虫歯を見逃したのですから、嘘つきでなければ、藪医者です。

それでも、よい歯医者さんのために

僕はこのことがあってから、本気で

こんな歯医者は淘汰されれば良いのに

と思うようになりました。


一方で、僕が現在通っている歯科医院などは、友人たちに勧めたいくらい、本当に良く出来た歯医者さんです。
また、このサイトを始めてから縁のあった、本当にオススメできる歯医者さんも多いです。

しかし患者さんへの想いの強さや、治療の質が、必ずしも経営状態に直結するわけではありません。
どんなに患者さんのためを思って働いても、マーケティングの上手な歯科医院に勝てない。

でも、僕たち患者からすれば、自分の歯を大事にしてくれる歯医者を選びたいですよね?
経営の上手、下手は関係ないわけです。

歯科医院がコンビニより多いといわれ、せっかく開業しても競争が激しい歯科界。

そんな中、患者さんを大事にしてくれる、本物の歯医者さんが5年後、10年後も淘汰されず、地域のために治療を続けられるよう、応援したいのです。

そのために、本物の情報を届けるサイトでありたいと思っています。