リアルデントのポリシーは、正直であること。

出来るだけ加工せず、フィルタをかけず、生の声を掲載する。

これが理想だと思っています。

悪い口コミでも、良い口コミでも、出来るだけそのまま掲載する
もっといえば、明らかな「ヤラセ投稿」でも、そのまま掲載することが正直な態度であると考えます。

なぜか?

中途半端にフィルタをかけることで、結果的に情報が偏ってしまうことになるからです。

「ヤラセ投稿は掲載しません」という方針にしても、
巧妙なヤラセ投稿は掲載され、結果的に患者さんを騙してしまうかもしれません。

"掲載されている情報=正しい情報"と誤解されるリスクも高まります。

逆に無理にフィルタをかけなければ、積み重なった情報には一定の傾向が見えてきます。

これからの時代、情報がどんどん増えていきます。
増え続けた情報にはきっと、ウソも含まれます

とういことは、莫大な情報の中から、

正しいものは何か?事実と反するものは何か?

と、自身で判断していくことが更に重要になります。

ネットだけの話ではありません。
テレビも新聞も、視聴者は見極める力が必要になってきます。

ヤラセ投稿が多数あります

ネット掲示板やブログなどを見ると、相手を誹謗することや、意見を冷静に聞かず自己主張を繰り返すような、残念な書き込みが散見されます。

原因の一つは、その匿名性によるものだと思います。

面と向かっては言えない事も、匿名だと言ってしまえる。

こんなにも人は変わってしまうのか?と恐ろしくなります。

最近、facebookを利用する人がかなり増えてきました。

facebookは、実名主義を取っていることもあり、ブログのように「炎上」することはほとんどありません。

実名を出すことで、より責任のある発言に絞られるからだと思います。

リアルデントは、facebookアカウントでログインし、口コミを投稿できるようにしました。
アカウントをたどれば、本人の情報がある程度特定できますので、より信頼度の高い口コミとして、ご判断いただけるのではないでしょうか。

口コミサイトの場合は、匿名性を利用したヤラセ投稿が圧倒的に多いです。
歯科医院の関係者が、そのまま投稿することもありますし、口コミの代行業者も多いのです。
(管理人ブログで暴露させていただきますね)

しかしネットリテラシーが向上すれば、ヤラセ投稿もある程度判別できるようになります。

不自然な情報を見抜く力を

「これ、いいことばかり書いてあるけど、本物かな?」と思うコメントがあったとします。

例えばコメントをコピーして、Googleなどの検索エンジンに貼り付け、そのまま検索してみてください。

不自然なことに、多数の口コミサイトがヒットしてしまうことがあります。


悪い口コミを書く人は、悔しさのあまり多数のサイトに同様の口コミを流す、ということがあるかも知れませんが、良い口コミを複数サイトに熱心にコピペする人は少ないのではないでしょうか。

口コミ代行業者の仕業か、ポイント稼ぎか。
もしくは、歯科医師自身による、自作自演。

いずれにしても、「心がこもっていないコメント」である可能性が高い、と僕であれば判断します。

リアルデントは匿名での口コミ投稿を許可しています。
匿名投稿には、自動でIDを生成しています。基本的に、同じパソコンから投稿すれば、IDが同じになります。

同じIDから、複数の歯科医院に口コミが投稿されていたら?

・・・ヤラセとは限りません。実際に、同地域の数医院を回った患者さんが、それぞれの感想を書いてくれたことがあります。

とはいえ、同一IDの方が都道府県をまたがっての投稿や、同じ歯科医院に何度も繰り返し投稿・・・というのは、ちょっと怪しいですよね?

このように見ていくと、ある程度、口コミが書かれた状況を読むことができるようになります。

結局のところ、信頼性を判断するのは、あなた自身なのです。

重要なのは、モラルの向上と情報を見極める力。

ネット上における発言の乱れの原因は、匿名性だけではありません。

実社会では、言いたいことがあっても我慢することが多々あります。

面と向かって相手の悪口を言えば、喧嘩になるかもしれませんし、少なくとも人間関係に影響します。
そのぶん、発言には勇気が必要になります。

しかしネットでも実社会でも・・・

我慢するのではなく、こう受け止めることは出来ないでしょうか?


「ああ、こういう考えもあるんだ。こんな人もいるんだ」と。


とりあえず認めてしまうことで、済んでしまう・・・そういうことって、意外に多いと思うのです。

そもそも、みんな自分とは違います。

いまは、「オレがオレが」と、自分の正しさだけを主張している人が多いですが、
そんなに簡単に人は変えられない。

変えられるのは自分だけだ、と気づけば、コミュニケーションのあり方も変わると思うのです。


僕は、SNSやブログなど、インターネット上でのコミュニケーションが発達することによって、人のモラルも向上していくと考えています。


面と向かって会話をしているときは、声のトーンや表情で、言葉以上の情報を伝えていますが、文字の場合は、かなり限定的です。

文字のコミュニケーションは、実際の会話に比べて真意を伝えることが難しい。

その分、慎重に言葉を選んで書かなければ、相手に誤解を与えます。

つまり、より相手(しかも多数の人)の気持ちに敏感になる必要があります

発言すれば、自分に何かが返ってきます。

情報の受け取り側も、確実に進歩します。
情報を見極める力がついてくるはずです。

「この一連の口コミは文体が似ていて、怪しいな」とか。

以前はひっかかる人が多かったスパムメールも、今はほとんど読まれることがないように、スパム系の口コミも判別できるようになる。

今では熱心に業者に口コミを書いてもらっている歯科医院も、自作自演がバレて逆効果になることがわかれば、手を引くと思います。

ちょっと専門的な話になりますが、以前の検索エンジンは、検索のランキングを割と簡単に操作できたのです。

ネット通販など商売をやっている業者にとっては、検索エンジンの攻略が売上げに直結しましたので、「ズル」をしてでも、ランキングを上げることが生き残るために重要でした。

しかしGoogleの技術力が、それらの「ズルい発想」を無力化していったのです。

口コミや、レビューなど、ユーザーが作るコンテンツも同じ方向に向かうと思います。

いずれ、ヤラセ投稿などのズルい発想は無力化されるのではないでしょうか。

技術力ではなく、皆さんの「情報を見極める力」と「モラルの向上」によって。

答えを出さない。例えばポイントやランキングで数値化しない

リアルデントがショップサイトの「商品」のように、歯科医院をポイントで評価したり、ランキング形式で順位付けをしない理由。

ネットユーザーの「情報を見極める力」の進化を信じているからです。

わかりやすい例で言えば、「保険治療で安く治療したい人」と「審美性を重視して、保険外治療を望む人」では、評価が異なります。

「高い差し歯を勧められた」ことを苦情としてコメントされる場合がありますが、高くてもいいから高性能で審美性の高い歯を入れたい人には好都合だったりするのです。

サイトが歯科医院に点数をつけたりランキングにすることは、一見便利なようですが、逆に真実を見えなくしてしまうというデメリットがあります。

メディアが答えを用意してしまうと、自分の頭で考えなくなってしまうからです。

しかし・・・(とても残念なことに)今のところ、多くの口コミサイトに隠れて人気がなく、口コミの絶対数が少ないため、情報を読み取ろうにも材料がなさ過ぎる!!

と思われるのではないでしょうか?

申し訳ありません m(_ _)m

頑張りますので、あなたの応援で人気に火をつけてください!


↓↓↓ ポチっと応援 ↓↓↓
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する